不妊鍼灸で不妊の悩みを解消【妊娠しやすい体にすることが出来る】

検査にかかる費用

看護師

非常に高額

着床前診断とは、受精卵が子宮内膜に着床する前に、遺伝子疾患や染色体異常などを調べる検査です。受精卵が着床する前に行う検査であるため、流産や中絶などのリスクを回避できるメリットがあります。このような着床前診断は、日本では染色体異常や遺伝子疾患が原因となる習慣流産などの条件に当てはまる人のみ対象とされています。つまり、条件的に対象範囲がごく限られた人しか受けられない状況となります。海外では男女の産み分けを目的にしているところもあり、海外で着床前診断を受けることもできます。着床前診断にかかる費用は、保険適用外となるので非常に高額です。着床前診断を行う病院にもよりますが、1回が50万円から80万円ほどはします。それに加えて、着床前診断は体外受精と一緒に行うため、体外受精の費用もそのたびに必要となります。妊娠が確定するまでに行うには、それなりの費用がかかってしまうため、余裕をもって受けなければいけません。海外で着床前診断を受けるとなると、渡航費や滞在費も含めて400万円から500万円はかかります。着床前診断は一部の人にとってはメリットが大きいですが、費用は決して安くはないのです。日本ではごく一部の病院で着床前診断が受けられます。ただし、その多くが日本産婦人科学会から承認された場合を治療の対象としているので、受けられる条件は広くはありません。費用などのことも含めて、真剣に検討したい場合には、着床前診断を行う病院でカウンセリングを受けなければいけません。

Copyright© 2017 不妊鍼灸で不妊の悩みを解消【妊娠しやすい体にすることが出来る】 All Rights Reserved.