体外受精の妊娠率を高める|不妊鍼灸で不妊の悩みを解消【妊娠しやすい体にすることが出来る】

不妊鍼灸で不妊の悩みを解消【妊娠しやすい体にすることが出来る】

体外受精の妊娠率を高める

鍼治療

流産を防ぐことにも

子供が欲しくてもなかなか子供が出来ないという夫婦の中には体外受精という選択をする場合もあります。しかし、体外受精を選んだからといって必ず妊娠出来るというわけではありません。不妊治療の一つとして行われる体外受精は時間と手間がかかるだけではなく、高額な治療費も必要となります。そのため、不妊に悩んでいるという人であっても気軽に体外受精を選ぶことが出来ないのが現状となっています。そこで体外受精での妊娠率を高めるために行われているのが着床前診断です。普通に性行為を行っても簡単には妊娠しない原因としては、受精卵の全てがそのまま成長するというわけではないからです。健常な人同士の受精卵であってもある程度の割合で染色体異常が起きてしまい、着床しなかったり着床しても流産してしまったりすることがあるのです。そういった異常な遺伝子を持つ受精卵を排除し、正常な受精卵だけを選んで妊娠率を高めることが出来るのが着床前診断です。着床前診断を行うことで妊娠率を高めることが出来るだけではなく、妊娠した後に起こる流産の危険性も避けることが出来るようになります。自然に妊娠しても一定の割合で流産してしまうのが受精卵の染色体異常が原因であることが多いため、そういった受精卵を事前に排除している着床前診断での体外受精の場合は流産の危険性も少なくなるのです。特に20代や30代と比べて40代の場合には染色体異常による流産の危険性が高まるため、着床前診断は流産を避ける有効な方法の一つとなっているのです。

Copyright© 2017 不妊鍼灸で不妊の悩みを解消【妊娠しやすい体にすることが出来る】 All Rights Reserved.